邱は昭和59年『人が動く 金が動く』を
PHP研究所から刊行した。

この本は、同じ題名で
昭和58年3月から 58年9月まで
アウポーツニッポンに連載したものです。

邱は『奔放なる発想』を人に贈る際、
「人が動く 金が動く 動けば新しい商売がはじまる 」
という文句を思いつき、それを書いて贈りました。

以来、アメリカと日本、また日本とアジアの
国々の間に起こる人の流れと金の流れが、
邱の興味の対象になり、この関心位ふれる
具体的な動きをこの連載に書きました。

この本の目次は次の通りです

第1章 人が動けば新しい商売がはじまる

第2章 金は世界中を駆け廻る

第3章 海外・日本事情あれこれ

第4章 国が変われば事情も違う

第5章 金の集まるところ人も集まる

第6章 人が動く、金が動く