邱は『食指が動く』の連載を終え
昭和59年に発刊した。

「『食指が動く』は昭和57年4月から
昭和59年3月までちょうど2年間にわたって、
日本経済新聞の夕刊に連載をした。

手にとるような反応があって、
執筆するのが楽しい連載であった。
この間、『日本人の食いしん坊ぶりも、

ついに世界的なスケールになったなあ」と
改めて感心させられたものである」
(出典:『食指が動く』の「あとがき」)