邱永漢は処女出版『濁水渓』が刊行された

昭和29年から30年の年月がたった

昭和59年に刊行した『野心家の時間割』で

処女出版の思い出と題して次の一文を書きました。

 

「たとえば、私は本を書く職業を、

もう、かれこれ三十年続けているが、

一冊目の単行本ができあがった時の感激を

まだまざまざと覚えている。

私が東京へ戻ってきたのが昭和二十九年四月で、

そのすぐあと『大衆文芸』という同人雑誌に書いた

『濁水渓』という小説が檀一雄さんの目にとまって、

檀さんから『出版の世話をしてあげましょう』

と電話がかかった。

 

その好意に甘えて、現代社という、

もう今はつぶれてなくなった小さな出版社から

私の『濁水渓』という単行本が出版されたのは、

同年秋のことであった。

その一冊目が出版社から届けられてきた時、

私は自分の本に釘づけにされてしまった。

他人の著者名のついた本はいくらも見たことがあるが、

自分の名前が著者名のところに印刷してあって、

なかをひらくと自分の書いた文章が印刷されている。

私は自分の子供が生まれた時よりも、

もっと不思議な気分に包まれ、

いとおしい気持ちで一杯になった。

 

本の表紙から中身の一頁一頁をなめるようにさすり、

閉じ目についた布地の色から

紐の長さまでいちいち話題にして家内から笑われた。

もちろん、夜はそれを枕元において

身辺から離さなかった。」