九品仏の借家の一室で書いた

『濁水渓』を『大衆文芸』に発表してもらため

邱永漢は編集長の島源四郎さんを訪ね、

交渉の結果、印刷代が予算をオーバーする分を

自分が支払うことにしました。

 

「島さんは私の『濁水渓』に対しても、

雑誌に掲載することにはすぐ同意してくれたが、

百枚だと予定ぺージ数をとび出してしまい、

予算をオーバーするといって難色を示した。

 

結局、印刷費のとび出した分は

私が個人で支払うことで折合いがつき、

確か一回につき、二万何千円かの代金を

負担した記憶がある。

 

ついでに申せば、私が書いた短篇小説を島さんが

『面白倶楽部』という娯楽雑誌の編集長に見せたところ、

『三篇三万円で買うが、どうだろうか』

という返事が戻ってきた。

 

新鷹会の売れない作家の中には

こういう雑誌で生計を立てている人もあったが、

私は雑誌をバラバラとめくってみて、

どうも自分の踊る舞台でないような気がしたので、

お金は欲しかったが、お断りをした。

 

お金をもらわずに痩せ我慢をしたばかりでなく、

同人雑誌の同人費を払うみたいな形で、

自分の原稿書き稼業をスタートさせたのである。」

(『邱飯店のメニュー』)