廖博士が香港を離れ、

日本へ行くことを決意したとの知らせを受け

邱炳南(邱永漢)は台湾独立運動は

長期戦で臨むべきと考えました。

 

「二・二八事件のあと、

私たちは国民政府のやり方に怒りを感じて、

何とか台湾人のために

独立の道をひらこうとして香港に集まり、

廖文毅博士の指導の下で微力ながらも力を尽くしてきたが、

すでに蒋介石は台湾に入ってしまったし、

台湾の独立するチャンスは当分、先にのびてしまった。

このあともしそのチャンスが来るとすれば、

中共に攻撃されて

蒋介石政府がこの世から消え去ってしまう時か、

あるいは、アメリカがその戦略的必要から台湾を守り続け、

蒋介石に率いられて台湾入りをした連中が

すべて死に絶える時くらいしか考えられない。

 

とすると、一敗地に塗れてしまった廖博士としては、

作戦の切り替えもしなければならないし、

少くとも香港に根拠地をおいていい意味はなくなっている。

 

おそらく廖博士としても、

さんざ考えた末にマッカーサー将軍の君臨する日本へ

動く決心をしたのであろう。

私としても、この土地の娘と結婚したとはいえ、

いつまでもこのまま香港にいることになるとは思えない。

 

といって、廖博士について日本に行って

勝算のない独立運動を続けるわけにもいかない。

もちろん、台湾の人たちを蒋介石の虐政から

救い出す仕事は今後も私たちの仕事である。

汚れた手をここできれいに洗い落として、

政治とか革命とかとは関係がなかったと言うつもりはない。

 

グループとしてのつきあいはここで一ぺんおしまいにして、

あとはお互いに同じ志を持つ者として、

もっと長期戦で臨むべきだろう

と私は自分に言いきかせた。」

(『わが青春の台湾 わが青春の香港』)