の里帰りに際し、両親の前で脆づき、

礼を述る儀式に違和感を覚えた邱炳南(邱永漢)

ですが、無事、儀式を終え、以降、妻の一家からは

気骨のある婿として鄭重に扱われます。

 

「案ずるより生むがやすしだった。

家内の実家に着くと、すぐ客間に通された。

待つ間もなく彼女の父母が入ってきた。

 

『阿爹(アテー)、阿媽(アマー)』

(お父さん、お母さん)と呼びながら、

家内は両親の前に脆いた。

 

まさか自分だけそこに

突っ立っているわけにもいかなかったので、

私も一緒になって膝をついた。と、

すぐにも私たちは立つように促された。

次の瞬間には、応接間の

深々としたソファの上に坐らされていた。

 

こうして私は潘家の三番目の婿として迎えられたが、

向うの兄弟全部を相手に大喧嘩をしたあとだけに、

潘家では最もこわもてのする婿殿として

鄭重に扱われるようになった。

 

潘家の人たちは人使いが荒い。

娘が五人いて四人がすでに片づいていた。

どのお婿さんも人が好いのをいいことに、

自動車のガソリンを入れてこい、

今晩の映画の切符を買ってこいと使い走りをさせられたが、

私にだけはそんな役回りはまわってこなかった。

誰一人、私に雑用を言いつけるような

勇気のある奴はいなかったのである。

 

家内の父親は潘逸流と言って、

香港や東南アジアや広東省の人なら誰でも知っている

潘高寿川貝枇杷露(プンコウサウチュンペイピイパロウ)

という漢方薬屋の五番目の息子だった。

 

漢方薬屋は四番目の兄さんが継いで

二番目の兄貴と家内の父が香港へ出て貿易商になった。

 

家内の父は、若い時は黄埔(こうほ)軍官学校の

一期生として入学したこともあるが、

家中が軍人になることに反対したので、

中退をして一時はフィリッピンに出稼ぎに行ったこともあった。

背が高く体格がよくて、なかなかの美丈夫だったが、

あまり商人には見えなかった。

二番目の兄貴が特に商才があって香港でも名を知られていたが、

多分、その兄貴の引き立てで財をなしたのであろう。」

(『わが青春の台湾 わが青春の香港』)